プロフィール

こんにちは、訪問していただきありがとうございます。私のプロフィールになります。是非読んでみてくださいね。

プロフィール

【顔型診断】で見るおすすめの似合う髪型|ボブ編

こんにちは、はっちゃん先生こと土山初代と申します。

皆さんは、髪型を変えたいなぁ~と思う時ってどんな時ですか?私は形から入るタイプなので、気分を変えたいと思った時、一番変化がわかりやすい髪型で変えるようにしています。

美容師という職業柄、髪で変化をつけるのが一番ワクワクするのかもしれませんね。

今回は、顔型診断で見る似合う髪型【ボブ編】をご紹介します。

ボブという髪の長さは、世代を超えて人気の髪型なので “自分に似合うボブ” を知っておくといつか「ボブにしたいな」と思った時に役に立ってくれる日がくると思います!

こんな方におすすめの内容です。

  • どんなボブが似合う髪型なのか知りたい
  • 顔型診断に合わせたボブを参考にしたい
  • 顔型診断に合わせた髪型を探している

このまま読み進めていただいても、ある程度は理解できると思いますが、顔型診断は始めてだ!!という方は、こちらを見ていただけると理解が深まりますよ!!顔型診断の基礎をのせています。

はっちゃん<br>先生
はっちゃん
先生

目次をクリックしていただければ、自分に気になる所だけ見れますよ!

【顔型診断】4軸で見る印象の違いを知ろう!

このページを見ただけでも自分の顔型さえわかれば、似合う髪型・似合わない髪型の目安がわかるように、顔型診断の考え方をご紹介します。

顔型診断の考え方は4軸に分類し、そのどの部分に自分が当てはまるかを見て、自分自身を分析していきます。

顔型診断 4軸 図1
顔型診断 4軸 図1

丸・長い丸・逆三角・四角、この4つの形は顔の形を示します。

丸は【丸顔】長い丸は【面長】逆三角は【逆三角型】四角は【ベース型】になります。

上下の違いは、上は【子供顔】で年齢を重ねても若々しく見える顔型になります。下は【大人顔】で大人っぽい雰囲気を持っているという考え方になります。

左右の違いは、左は【曲線的】で女性らしい丸みのある雰囲気をさします。右は【直線的】で男性的で芯のあるような強さを持ち合わせている雰囲気をさします。

この4つのパターンを言葉で表した表です。

顔型診断 言葉による表現
顔型診断 言葉による表現 図2

顔型によって上記図のような雰囲気をもちやすい傾向にある、という感じで見ていきます。

最後にイラストによる説明です。

顔型診断 顔型による印象の違い
顔型による印象の違い

顔型・髪型によって、印象が違って見えると思います。

このように顔型診断の基本的な考え方を知るだけで、どんな雰囲気に見られやすいのかがわかっていただけると思います。

今回はボブスタイルですが、あごの上くらいの長さから方につかないくらいの長さをベースにお話していきます。

それでは解説をしていきますね。

顔型診断で見るおすすめの髪型の解説|ボブ編

【丸顔】の方はこちら!丸顔の方におすすめのボブ

顔型診断 丸顔 ボブ編
髪型診断 丸顔 ボブ

 ボブという髪型は、あご上~肩につくかつかないかくらいの長さがベースになります。そして、長さの面から見てもカットのラインから見ても丸さが出やすい長さになります。

そのため、丸が強調されすぎてしまうこともあります。

顔の方は、子供顔と曲線的な印象が組み合わさっている顔の形になります。可愛らしく若々しい印象を残しつつ、丸さが出すぎないような髪型を目指すのがおすすめです。

はっちゃん<br>先生
はっちゃん
先生

ヘアスタイルのポイントはピンクの線を引いていきます。美容室でのカウンセリングの参考にしてみてくださいね。

丸顔におすすめの髪型 ボブスタイル

  • ①ナチュラルなボブにしたい時におすすめのボブです。注意点は丸さが出ないようにすることです。内巻きにキレイに入ると丸さが強調されてしまうので、ストレートにするのがポイントです。内側に入るクセがある方は、ストレートパーマをすると簡単にスタイリングできます。前髪は、厚みが出すぎないようにしましょう。
  • ②ボブスタイルでパーマをかけたい場合におすすめの髪型です。ポイントは、前髪を長くしておくことです。キレイに揃えられたボブラインではなく、襟足付近に段を少し入れてくびれを作っていきます。くびれ感が出やすいようにパーマをかけることで、スタイリングがしやすくなります。全体的には丸さが出ないように、ゆるめのパーマをかけていきます。
  • ③はここ数年人気の切りっぱなしボブです。真っすぐ切りそろえたボブで軽さのあるボブにしていきます。ほんのり外側に動くようにカットしていきます。そうすると、髪型に直線的な部分が出るので、顔の丸さが気になりにくくなり、さらに丸顔の可愛さも残すことができます。前髪は長くても短くてもどちらでも合う髪型ですが、前髪を作る場合は軽さを出しておでこが隙間から見えるようにするのがポイントです。

丸顔の方が、これだけは避けた方がいいよ!というヘアスタイルがあるのでそれをご紹介してきますね!

丸顔の方ができれば避けた方がいい髪型

内巻きのボブ。厚めの前髪

内巻きボブは丸さが強調されてしまうボブになります。顔型を矯正したい場合は、さけた方がいい髪型です。

厚めの前髪も、丸さが強調されてしまうのでスキマを作ったりおでこを少し見せたりして、縦の長さを意識できる前髪にするのがおすすめです。

【面長】の方はこちら!面長の方におすすめのボブ

顔型診断 面長 ボブ編
顔型診断 面長 ボブ編

面長の方は、縦に長い顔立ちということ、曲線の形から、女性らしさのある大人っぽい雰囲気を持っています。

面長の方は、似合いやすいボブの髪型は多いと思いますが、その中でもおすすめの3スタイルのご紹介になります。

面長におすすめの髪型 ボブスタイル

  • ①面長をできるだけ隠したい、という方におすすめの髪型です。縦の長さを目立たせないように髪型でカバーしていきます。前髪の長さは眉上~目の上くらいがおすすめです。ボブのラインはマチルダボブ・切りっぱなしボブといわれるようなボブラインがおすすめです。スタイリングで耳にかけたりして、顔をスッキリと出してあげることで縦の長さが緩和されます。
  • Aラインに見えるようなボブのラインがおすすめです。裾にボリュームがくるよなラインにして、全体的にレイヤーを入れて動を出していきます。ボリュームが出にくい髪質の方、直毛の方、スタイリングを楽にしたい方など必要に応じてパーマをかけます。前髪は眉毛くらいで幅を広めにとるのがおすすめです。
  • ③面長の方は前髪の幅を広くとった方が、縦の長さは目立ちにくくなります。しかし、前髪の幅を取りすぎるのが苦手という方もいるかと思います。前髪の幅を広くするのが苦手な方は、③の前髪が一番おすすめです。眉~目の上くらいの長さ設定がおすすめで、目尻にかかる髪を少量残してこの部分に動きをつけていきます。全体的な髪型はシンプルな内巻きが面長の方の女性らしい雰囲気を残せる髪型になります。

面長の方が、できれば避けた方がいい髪型をご紹介します。

面長の方ができれば避けた方がいい髪型

前髪が長めのさらさらストレート(真ん中の分け目)

前髪長めのさらさらストレートは、憧れの髪型でもありますが、面長を強調させる髪型になります。

前髪長めが好きな方は、分け目をな斜めにする・髪全体にボリューム感を持たせるなど工夫すると、面長も方が持つ大人っぽさを活かしながら面長が強調されすぎなくなります。

【逆三角型】の方はこちら!逆三角型の方におすすめのボブ

顔型診断 逆三角型 ボブ編
顔型診断 逆三角型 ボブ編

逆三角型の方は、顔の縦の長さがあまりないので若々しい印象に見られます。直線的な部分も持ち合わせているので、ウェーブスタイルというよりはストレートをベースとしたナチュラルなボブスタイルがおすすめです。

逆三角型におすすめの髪型 ボブスタイル

  • ①は自然に内巻きに入る程度のナチュラルなボブスタイルです。スタイリングも簡単なのでおすすめです。前髪は、おでこを少し見せてあげることで、縦の長さを出すことができます。
  • ②は女性らしい雰囲気や華やかさを出したい時におすすめのボブです。逆三角型の方は、小顔に見えやすい顔型です。しかし華やかに見せたい時などのボリュームを持たせたい場合、ボリュームがありすぎると野暮ったくなる可能性も高いです。そんな時におすすめのボブスタイルです。Aラインのボブスタイルで裾に広がりが出るようなボブにします。前髪は長めの方が華やかさがアップして、顔の雰囲気も明るくなります。
  • ③はひし形のシルエットを意識した髪型になります。ひし形は、顔の形や髪型を一番よく見せてくれる黄金バランスです。逆三角型の方は、ハチが張って見えやすい顔型なので逆三角型の欠点を一番カバーしてくれる髪型になります。

逆三角型が苦手な髪型をご紹介します。できれば避けた方がいい髪型です。

逆三角型の方ができれば避けた方がいい髪型

ボリューム感のある髪型

トップがペタッとなった髪型

逆三角型の方は、小顔に見えやすい反面ボリューム感のある髪型にするとボリューム感に顔が負けてしまい、野暮ったくなる可能性があります。

ボリューム感のある髪型にしたい場合は、髪型の中にくびれ感を作ったりしてメリハリが出る部分を作るといいでしょう。

トップがペタッとなっているとハチが目立ちやすくなります。トップをふんわりさせ、ハチの部分が自然にカバーできるような形を目指すのがおすすめです。

【ベース型】の方はこちら!ベース型の方におすすめのボブ

顔型診断 ベース型 ボブ
顔型診断 ベース型 ボブ

ベース型の方は、ちょっと縦の長さのある四角の形と直線的な形で、芯が強い頼れる存在の印象です。

しっかり者の芯のある部分は残しながら、女性らしい雰囲気が出る髪型をご紹介していきます。

ベース型におすすめの髪型 ボブスタイル

  • ①シンプルなボブスタイルです。このスタイルのポイントは、顔回りの作りになります。シンプルなボブスタイルだけど、顔回りに一番のこだわりがあります。前髪の幅・顔回りに落ちる髪が最も大切なデザインポイントになります。前髪の幅は、目じりまでが短い前髪でおでこが透けて見えるくらい軽さを出します。目じりから生え際までは、顔回りに落ちる髪になります。この部分にはレイヤーを入れ軽さも出していきます。シンプルだけどスッキリした印象で、顔型もしっかりカバーできます。
  • ②マニッシュな服装が一番似合う髪型になります。根元から毛先までパーマをかけていきます。前髪は長めでおでこを出すのがおすすめです。女性らしさを強調したい時は、分け目を斜めにしてスタイリングすれば、セクシーさを感じるような印象にも変化をつけられます。
  • ③女性らしい雰囲気が一番出やすい髪型です。前髪の幅は、目尻くらいがおすすめです。毛先にゆるくパーマをかけて顔回りに動きをつけていきます。(自分で巻いて仕上げても大丈夫です。)顔回りの動きは、外に向かうような動きがおすすめです。そうする事で、ベース型の方の持つマニッシュなイメージを大切にしながら、女性らしい雰囲気が出せる髪型だからです。

ベース型の方が、できれば避けた方がいい髪型のご紹介をしていきます。

ベース型の方ができれば避けた方がいい髪型

前髪の横幅を広めにとったマッシュ系ボブ

前髪の横幅を広くとることで、エラのはりが気になりやすいです。そしてマッシュ系は丸みのある髪型になります。直線的な印象と丸みのバランスがとりにくい髪型になります。

ボブは世代を超えて大人気の髪型!自分に似合うボブを知っておこう!

ボブスタイルは、世代を超えて・時代を超えて大人気の髪型になります。20代の方がしたいボブと40代の方がしたいボブの髪型が違うことはあります。

時代によっても、今年はこんなボブが可愛いとか今年はこんなボブが流行っているというのも、やっぱりあります。

でも、時代が変わっても年齢が変わっても ”ボブスタイルが人気” という部分はずっと変わらずあります。

だからこそ、自分にピッタリのボブを見つけておくことは大切かなと思います。

今すぐボブにしたい!!ということではなく、ボブにしたい日がきた時に「私がしたいボブはこんなボブだ!」みたいな、自分にとってのベストを作っておくのも一つの楽しみかなと思っています。

もし、自分にピッタリの似合う髪型を知りたい!!プロの方に効いてみたい!!という方は、ココナラでカウンセリングを行っています。

ココナラでのカウンセリングでは、写真を使ってもっとわかりやすく解説させていただきます。