プロフィール

こんにちは、訪問していただきありがとうございます。私のプロフィールになります。是非読んでみてくださいね。

プロフィール

【スピリシュアルが勉強できる】スピリチュアル好きにおすすめの本

こんにちは、はっちゃん先生こと土山初代と申します。

皆さんは何かに興味がわいてきた時に、その興味がわいてきたことに対してどのように勉強していますか?

私は、初めにGoogle検索をして色々見て次にYouTubeを見ています。そして、さらに興味がわいた場合は、本当にそのことを知りたいということだと思うので本を読むことにしています。

私は、2012年くらいから見えない世界の何かに対して体験し始め、体験したことで興味がわいてきました。

初めの頃、見えない世界に対しての不思議体験は、私にとっては恐怖以外の何もにでもありませんでした。

そして、見えないからこそ怖いという感情があり、しっかりと学びたいという気持ちが大きくなっていきました。

当時は、かなりいろんな本を読みまくりました。スピリチュアル系の本の中でも、受け入れやすいものから受け入れにくいものまでたくさん読みました。

何度読み返しても、難しいと感じてしまう本もありましたし、オカルト系の本も読みました。

今回は、私が体験した不思議体験や、その時にはまっていたスピリチュアルなことと共に、ご紹介できればと思っています。

私が勉強したスピリチュアル系の本の中でも読みやすく、比較的理解しやすい本のご紹介です。

こんな方におすすめの内容です。

  • スピリチュアルが好き
  • スピリチュアルの勉強をしたい
  • スピリチュアル系の本を読んでみたい

初めて霊媒師さんのところに行こうと決めた時に読んだ本

私が、霊的なものを感じたり目には見えないエネルギーを感じ始めたことは、自分の身の回りで何が起こっているのかが、わかりませんでした。

というのも、子供のころから20代まで全く感じたことが無かったからです。幽霊的なものが見える方は、大半が「小さいころから見えてます」というイメージありませんか?

私、、興味あったのは占いとかオカルト番組を見て「本当に見えるの?」「なんかすげー」みたいなレベルだったんです。

30代に入って、大人になった時にいきなり感じ始めたので、びっくりというレベルを超えていました。初めのころは「私もとうとう幽霊が見える・感じれるようになった!!」

という感覚でした。初めはめちゃくちゃ怖くて、でも霊媒師さんのところに相談に行こうとまでは思いませんでした。

私が、霊媒師さんのところに行こうと決めていたのには基準があって、その基準は「私の身の回りの人に、霊的な現象が起き始めたら、自分ではコントロールができないということなので、霊媒師さんに相談に行こう」

と決めていました。それから間もなくして、私の周囲の知合いが、不思議体験をするようになったんです。

その時に「これ私のせいだ」と、直感で感じたのでその時の上司に相談し、霊媒師さんを紹介してもらいました。その霊媒師さんは一般の方からのお仕事は受けてないみたいで、会社経営者の方など法人でのお仕事をされている方でした。

それで、霊媒師さんに会うとか初めての経験だったので、「一般人の私に理解できないことを言われたらいやだな」と思い目には見ない世界のことを、ちょっとだけ勉強して会いに行こうと決めていました。

霊媒師さんに会うまであまり時間がなかったので、「簡単で私にも理解できるくらいの内容の本」を探しました。

その時に、見つけた本が【雲黒斎さんの あの世に聞いたこの世の話】でした。近くの本屋さんの精神世界の分野にある本の中で、「一番簡単そう」と感じた本でした。

その他の本は、分厚く内容も難しく素人の私からするとかなり怪しげな本でした。

ちなみに当時は、本屋で飼いましたが最近は全ての本を売りに出し電子書誌にしております。さらにオーディオブックがあればオーディオブックで聞いています。

雲黒斎さんは、「大人になってから薬の副作用で、守護霊さんの声が聞こえるようになった」方でした。

だからこの本を読んで、なんとなく共感が持てました。大人になってから、今までないものだったのがいきなりあるものに変わってしまう

目には見えない世界ってちょっと胡散くさいし、でも自分が感じていることって現実的に起こっていることで、でも誰にも相談できないし・・・・・。という感じです。

【雲黒斎さんの あの世に聞いたこの世の話】 は内容も読みやすい内容でした。あの世とこの世の仕組み・スピリチュアルなことに関しての、大枠を理解するのに適しています。

引き寄せの法則や守護霊や守護天使からのサインの受け取り方など、そのような細かい話が書かれているわけではありませんが、その仕組みが分かるといった感じです。

スピリチュアルなことや精神世界に興味が出てきて、何が何だかわからない方に入りやすい本だと思います。興味ある方は読んでみてくださいね。

私的に言うと、引き寄せの法則や守護霊や守護天使からのサインを受け取れるようになるためには、やり方だけを知るのではなく、目には見えない世界と目に見えている世界の仕組みを知ったうえで引き寄せの法則や守護霊や守護天使からのサインの受け取り方を学んだ方が結果が出ると感じています。

目には見えない世界を心底信じられ、感じられるようになっていれば、結果の出かたが早いと思います。

結局私たちは人間なので、人間として理解したうえでその法則を使うのがスムーズなんだと思います。

もともと「小さいころからオーラが見えます」「小さいころから守護霊・守護天使からのサインを受け取れます」という方は別です。

そういう方々は、初めからそういう素質を持って生まれてきているので、いきなり見え始めるのとは少し違う気がしています。

私のように、何も知らないところから突然 ”目には見えない世界” を感じるようになりました。

などの訳が分からない状態で、人間として目には見えない世界を理解するためには、簡単な本を読んで体系的に学んだ方が理解しやすいと思います。

というよりは、人間的な学びをして頭で理解して、起こっている現象を五感全てを使って感じ取る方が ”なぜこうなっているのか?”が腑に落ちやすいと思います。

【極楽飯店】という本も読みました。死後の世界の、天国がどんなところで地獄がどんなところか がイメージしやすい本です。こちらはブログもあるので、ブログを読んでいただいたもいいかと思います。

雲黒斎さんが実際にお亡くなり体験したというわけではないと思うので、本当かどうかというのは実際にわからないと思います。

しかし現実社会で生きている私たちに、理解しやすいような内容でした。

日本最大級!オーディオブックなら – audiobook.jp

スピリチュアル・霊の世界を理解してきたころに読んだ本

次に読んだ本は、【ローラ・リン・ジャクソンさんの  魂の呼び声に耳を澄まして】です。とっても愛に満ちた本です。優しい本です。

この本を見たら、「幽霊って怖い存在じゃないんだ」というのが分かります。

私が初めの頃に出会った幽霊たちの中には、低級霊と呼ばれる霊もいました。今思うと、遊ばれていたのかな?という感覚もあります。

しかし大抵の幽霊って「いや!やめて、あっち行って!!」と本気で言えば、瞬時に消えてくれます。

皆さんの中で若いころに、地縛霊とかで心霊現象が起こる場所に友達と行き、怖い経験をされた方いらっしゃいますか?

こういうのは、幽霊にしてみれば茶化されているのと同じなので、幽霊的に腹が立って取り付いたりいたずらされてもおかしくないと思っています。

なぜなら幽霊たちは ”肉体の無い人間 だからです。人がされて嫌なことって想像つきますよね??自分がされて嫌なことって想像つきますよね??

もし、自分が理由もなく面白半分で茶化されたら、腹が立ちませんか?それと同じなんですよね。

私の見えていた幽霊たちは、自分が普通の人間と同じと思っている場合もあるので、特に怖いことはありません。人間と何も変わりません。

普通に自転車に乗っていたり、その辺を歩いていたりしてます。人として見えることもありますが、エネルギーで見えることもあります。

私たちと同じように普通に暮らしてる印象です。

万が一、そんな普通の幽霊たちが「幽霊である自分に、人間が気づいた」と思って私たちにちょっかいかけてきても、 「いや!やめて、あっち行って!!」 と本気で言えば、素直に聞いてくれます。

運がいいだけなのか、取り付かれにくいのか??私は塩をまいたりといったことをしたこともないです。ちゃんと話せば理解してくれる印象です。

人間同士のいざこざよりも難しくない印象です。

とはいえ私自身も、初めの頃はとっても怖かったです。だからこそいろいろ勉強して「ほとんどの幽霊は怖くない」という事に気が付きました。

だから怖いと感じる方々の気持ちも分かります。

たぶん見える人より見えない人の方が怖いと感じると思います。想像の世界って無限なので。。。。

ちなみに生前、私と関わりのあった方が私の目の前に現れても全然怖くありません。私は、祖父・祖母・実家で飼っていた猫に会うことができました。でも私は幽霊と話したりはできません。

一方的にメッセージを残して去っていくという感じです。

エネルギーで見えることもあれば、生前の形で見えることもありました。「来たよ~~」って足跡残していくときもあります。

このような現象に恐怖はありません。どちらかというと、優しさや愛を感じるといったイメージです。

ちなみにどのようなメッセージかというと、虫の知らせ的な事や単純に来たよ~という感じ、49日の日にさよならを言いに来てくれたり、友達のおばあちゃんが〇〇ちゃんをよろしくね~といったようなことです。

全然怖くないですよね??

感じたこともないし見たこともないけど、幽霊が怖いと思っている方には 【ローラ・リン・ジャクソンさんの 魂の呼び声に耳を澄まして】 を是非読んでいただきたいと思います。

愛に満ちた優しい本です。

美容師を辞めて会社に勤め始める直前の出来事をきっかけに読んだ本

私が霊的な体験をし始めたのにはきっかけがありました。

30歳くらいのころに自分の生き方を見直し、そこから不思議体験が始まりました。その不思議体験は別途ブログを書いています。

そして、美容室を退職し会社員になるなまでの間に経験したことがきっかけで、読み始めた本のご紹介です。

【大杉 日香理さんの 龍使いになれる本】【MOMOYOさんの 不思議なパワーが奇跡を起こすあなただけの龍とつながる方法】という2冊の本です。

龍の本を読み始めた理由は、龍が映像で見えたからです。美容師を辞めて会社員をやりました。職種は美容師メーカーのインストラクターだったんですね。

美容師としての技術試験と簡単な一般常識の筆記試験があるとのことでした。だから試験までの間に試験の準備をするために勉強をしたり、技術の向上を図ったりしていました。

勉強したり技術の練習をしていたある日の事、ちょっと疲れたので休憩を取りボーっとしていました。そしたら、いきなり目の前に龍が「バンッ」と合わられたんですよ。

「えっ!!」と思って立ち上がったら一瞬にして消えていきました。それから、ちょくちょく龍を見かけるようになり、龍のことをいろいろと調べまくっていました。

龍が祀られている神社に行ったりもしました。

そのころの私は、なんだかよくわからない光(エネルギー)が見えたり、変な声がいきなり聞こえたり色々なことが起こっていました。

いろいろな出来事のうちの一つに、光の世界に行くというものがありました。これは本当に貴重な体験だったと思います。今後、一生ない経験だと思います。

左右・上下どこを見回しても、全てが真っ白な光の世界に行ったんです。何もないんです。全て真っ白な光になったら、物質はすべてなくなるじゃないですか??

そんな感じで、自分の部屋なのに全てが光になって真っ白になって、自分はその光と一体化するという感じでした。

一体化したという事は、自分の姿は光に溶け込んでしまい物質的には見えないという事だと思います。

表現が難しすぎて伝わりにくくてすみません。

だから龍が見えたのも、変な出来事のうちの一つととらえていましたが、どちらかというと ”自分を助けてくれている” という感覚が強くありました。

龍がそばにいるとなんかちょっと幸福感を感じられるというか。

光の中に行った時も、幸福感しかありませんでした。

龍は、自分と一緒に動いているという感覚です。たぶん常にいます。寝ているときも起きているときも、どこかに行くときもずっと一緒です。

だから孤独感とか感じないんですよね。

私が悲しいときには一緒に涙してくれ、大丈夫と言ってくれ、私が楽しいときには一緒に楽しんでくれる、そんな印象です。

ドラゴンボールに出てくるような龍でした。龍って怖い顔してるけど、龍を見ても怖い感覚がなく、何かを教えてくれたり助けてくれている感覚です。

それで龍のことをGoogleとかで検索したり神社に行ったりして調べていました。そんなある日、本屋に行くと龍の本が店頭にずらりと並べてあったんです。

これは、「龍からのサインだ!!」と思ったので、2冊の本を即買いしました。

【大杉 日香理さんの 龍使いになれる本】

【MOMOYOさんの 不思議なパワーが奇跡を起こすあなただけの龍とつながる方法】

龍を感じているのは私だけじゃないんだ~~と思いました。

この時までは、私自身の感覚だけで「自分のそばには龍がいる」と感じていました。誰にも言ったことなかったし相談したこともありませんでした。

龍についての知識は、この本と神社に行ったことや自分で調べたことくらいです。

しかし、2021年の3月にカラーリーディングを受けたことで 「私のそばには龍がいるという確信」になりました。

それはこのカラーリーディングで、「初代さんの近くには常に青龍さんがいますよ!!」といわれて、「なんと!!」と思い確信へと変わりました。

自分の感じていたこと、見たことが間違えていなかった!!という確信です。

日本最大級!オーディオブックなら – audiobook.jp

受け取り方をもっと知りたい!そう強く思うようになった時に読んだ本

龍の声を聴いたり、存在を感じたりしているにもかかわらず、霊媒師さんのように自分がつながりたい時にいつでも繋がれるという感覚はありませんでした。

もちろん、何か聞いた時にすぐに答えてくれる時もあります。どうやら、何でもかんでも聞けば教えてくれる、というわけでは無いようです。

どちらかというと ”龍が伝えたいと思った時に現れる” といった感じでした。

だからもっと、自分が聞きたいことがある時や繋がりたいと感じた時に、繋がれるのが理想だなと思うようになりました。

その時に読んだ本です。

【ウィリアム・レーネンさんの 幸せのサイン】【ドーリン・バーチェさんの 天使のスピリチュアルサイン】

を読みました。この部分に関しては、今も特訓中ですがそのうち繋がれるようになると信じています。

チャネリングの講座を受けたこともあります。

現在は、カードリーディングをしながらであれば、カードを通してヒントを受け取りながらリーディングできるようになったという感じです。

カードリーディングについて

カードリーディングで自分自身のことを知りたいという方は、お問い合わせフォームおよびTwitterのDMよりメッセージ頂ければ、ご対応させていただきます。

これからもスピリチュアルな世界を楽しんでいきたい!!

今回ご紹介させていただいた本は、比較的読みやすい本をご紹介させていただきました。これまで私が読んだ本の中には、読んでいて難しいと感じた本も沢山ありました。

読んでいて挫折した本もあります。

気に入った本やしっかりと勉強したいと思った本は、オーディオブックで聞くことが多いです。なぜかというと自分の潜在意識に叩き込めるからです。

頭で考えるのではなく、自分の中に刻み込みたいからです。

今回、このブログを書きながら私自身が復習しながら書くことことができたので、本当に良かったなと思っています。

最近は、自分の中にあるスピリチュアルな部分を発信していこうと心に決めたので、今後はできるだけ学んだことは少しでも早くブログにアップしていけらたと思っています。

読んだ本に関してもそうですし、体験した出来事に対してもできるだけ早くお伝えできればと思っています。

日本最大級!オーディオブックなら – audiobook.jp