プロフィール

こんにちは、訪問していただきありがとうございます。私のプロフィールになります。是非読んでみてくださいね。

プロフィール

40代色メイク♥アラフォーのオレンジのアイシャドウメイクはなじませテクが決めて

スポンサーリンク

こんにちは、はっちゃん先生こと土山初代と申します。

アラフォー世代の皆さんは、色を使ったアイシャドウはどのようにしていますか?もう色なんて使えない!!と思っていませんか?

華やかな色が似あう季節や華やかなお洋服を着た時に、いつもより明るいが使いたい気分になりませんか?

今回は私が鮮やかな色のアイシャドウにチャレンジしたいときに、アラフォー世代でも肌馴染みがよくなるテクニックをご紹介します。

最近よく使用しているのは、オレンジのアイシャドウを使用しています。そのオレンジのアイシャドウを使用して、どのように肌になじませているのかをご紹介していきますね。

こんな方におすすめの内容です。

  • 華やかなに色のオレンジアイシャドウを使用したいけど浮くのが怖い
  • 40代だけどオレンジのアイシャドウを使用したい
  • 華やかなオレンジのアイシャドウを肌になじませるつけ方が知りたい

 今回は、40代にお勧めのオレンジメイクです。私が使用している、オレンジメイクにおすすめのアイシャドウ・チーク・リップもご紹介していきます。

スポンサーリンク

【40代オレンジメイク】華やかオレンジメイクがおすすめの理由

今回最もおすすめしたいオレンジメイクは色使いです。そして肌全体は質感・透明感を目指します。

 40代女性にオレンジメイクがおすすめの理由

  • 華やかさが増す
  • 肌の血色がよくなる
  • 肌がきれいに見える
  • 肌になじみやすい
  • 明るい印象になる

私が40代女性にオレンジメイクをおすすめする理由は、肌の色がきれいに見える・血色がよく見える・華やかなのに馴染ませやすい・明るい印象になるという部分です。

女性は40代くらいになると、肌のくすみが出やすかったり疲れが顔に現れやすくなります。

そんな40代女性の悩みを解決してくれるのが、オレンジメイクのいい所だと思います。

そしてオレンジメイクは、40代女性だからこその楽しみ方もあると思います。

例えば、オレンジメイクを楽しみたい時に、オレンジのアイシャドウとブラウンのミックスでより大人っぽく仕上げることもできます。

オレンジのアイシャドウとベージュのアイシャドウで、優しい目元に仕上げることもできます。

40代の女性だからこそ出せる雰囲気を、オレンジメイクを使って思いっきり楽しめるといいですよね。

スポンサーリンク

40代のオレンジメイクはアイシャドウ・リップ・チークのバランス

40代女性のオレンジメイクのポイント

  • 大人っぽさを出す時のオレンジメイクはオレンジアイシャドウ×ブラウン
  • 優しい印象にしたい時のオレンジメイクはオレンジアイシャドウ×ベージュ
  • 華やかなオレンジメイクはパール入りオレンジアイシャドウ×ゴールド
  • 個性的な印象にしたい時は際にくっきりオレンジアイシャドウ×ベージュ
  • 女性らしさを出したい時はつや感オレンジリップでしっかり色を表現
  • カジュアルに仕上げたい時はマットなオレンジリップで質感作り
  • チークは透明感やつや感をだすくらいさりげなくつける

アイシャドウやリップなどのポイントは、華やかな色を楽しむ感覚で使用します。アイシャドウでオレンジ感を強く持たせた場合は、リップは馴染ませ系を使用します。

アイシャドウにオレンジブラウンやオレンジベージュなどの、馴染ませた色を使用した場合はリップでオレンジを楽しみます。

例えば、オフィスできりっとした感じに見せたい時は、オレンジブラウンで目元を引き締めてリップは控えめなオレンジリップで仕上げます。

プライベートの時は、優しい色合いのオレンジベージュのアイシャドウで、オレンジリップで女性らしさをアピールするメイクがおすすめです。

例えばちょっといいレストランでランチをしたい時に、いつもより華やかに仕上げたい時は上品なパール入りのオレンジアイシャドウとゴールドをミックスでメイクをすると華やかさが増します。

オレンジを濃く入れたい時は、全体は肌なじみのいいベージュ系をつけて濃いオレンジを目の際にしっかりと濃いめに入れてメリハリをつけると大人のおしゃれな印象になります。

リップは、アイシャドウとのバランスが大切だと思います。アイメイクをオレンジアイシャドウでしっかりした場合は、リップは控えめがいいでしょう。

考え方としては、女性らしさを出したい時や華やかな場所に行く時はつや感があるオレンジリップがおすすめです。

カジュアルに仕上げたい時は、マット・セミマットなオレンジリップがおすすめです。

チークは、肌質感を作るために使用する感覚で選ぶのがポイントです。クリア感のあるチークだったり薄付きのものだったり、ベージュ系などのなじみ系チークもおすすめです。

40代女性でチークを濃くつけてしまうと、若作りが悪見えしてしまう可能性があります。なので、40代女性のオレンジメイクではチークは質感重視で控えめにつけるのがポイントです。

スポンサーリンク

40代華やか色のメイクをオレンジ系の馴染ませテクでご紹介

 アラフォー色メイク:オレンジアイシャドウ・リップ・チーク×クリア感

オレンジメイクのコスメ
オレンジメイクで使用するコスメ

左から、

  • RMKのベージュ系ハイライト
  • ルナソルのオレンジリップ
  • キャンメイクのクリア感のあるクリームチーク
  • マジョリカのオレンジアイシャドウ

アラフォー色メイク:ハイライトはRMKグロースティックファンデーション

RMK ハイライト
RMK ハイライト

RMKのハイライトは、ベージュ系のハイライトでパール感のあるクリームハイライトです。一見ぎらぎらっぽく見えますが、ベージュ系なので肌なじみがよく自然な仕上がりになります。

私自身は基本的にファンデーションを使用しないので、下地で整えたらそのままハイライトをつけたいところにつけます。しかし、ほとんどの方はファンデーションを使用すると思います。

ファンデーションを使用する場合は、リキッドファンデーションがおすすめです。リキッドファンデーションをつけた後に、クリームハイライトをつけてしっかりとなじませた後にパウダーをつけていきます。

そうすると、さらになじみがよくなり自然な透明感ができます。

アラフォー色メイク:オレンジチークはキャンメイククリームチーク

キャンメイククリームチーク
キャンメイクチーク

40代の大人世代チークは色よりも質感を重視するのがおすすめです。透明感が出やすいチークをチョイスしていきます。

私が選んだのは、キャンメイクのクリームチーククリア  CL05です。クリアタイプなので色は薄付きです。写真の色は、色が見えやすいように重ね塗りをしています。

1回だとうっすらと色づく感じになります。

色はオレンジ系です。私の場合は、クールにし過ぎると顔がきつく見られやすいので、ベージュ系のチークではなくクリア感のあるオレンジ系のチークをチョイスしました。

ほんのり色づくくらいにつけていきます。つけ方は、ハイライト同様パウダーをオンする前に使用する感じです。

下地⇒リキッドファンデーション⇒チーク⇒パウダー

の手順で使用すると、色はほんのり色づく感じにしか付きません。アイメイクとリップに色を持ってくるので、ほんのりがおすすめです。

私のメイクのやり方は、パウダーをつける前に顔の形となるベースの部分を仕上げてからパウダーをつけて、アイブロウ・アイシャドウ・リップの順でメイクをしていきいます。

ハイライト・シェーディング・チークの3つは、ベースメイクとして考えています。骨格調整や顔の血色調整をする部分だからです。

私の中ではチークはポイントメイクというより、ベースメイクの骨格調整と血色調整をするものという感覚です。

だからクリームチークの方がメイクしやすいと思っています。

アラフォー色メイク:オレンジアイシャドウはマジョリカマジョルカ  OR481

このオレンジは、今季の春夏限定の色になりそうなのでプチプラで単色のものを購入しました。結構オレンジが濃いですが、ベージュとの組み合わせで使用します。

左側の写真からご説明します。左側の方に付けているのは、マジョリカマジョルカのオレンジです。右側はオレンジといつも自分が使用しているブラウンベージュを使用ています。

右側の写真は、マジョリカマジョルカのオレンジと優しい色合いのベージュをミックスしてつけました。

左の写真は深みのあるオレンジブラウンのような色になり、右側の写真はみかん色のような優しいオレンジベージュになりました。

このようにしっかりと発色するオレンジを持っていれば、手持ちのブラウンやベージュとミックスして自分だけのオレンジメイクを完成できます。

ベージュの中でも暖色よりのベージュをチョイスします。その定番色のベージュをアイホールに塗って、オレンジの色を重ね塗りするだけです。

いつものベージュ系に鮮やかなオレンジをのせるだけで、顔の印象が明るい印象になり春っぽさがまします。

濃い色のアイシャドウとナチュラル系のベージュなどを組み合わせるメリットは、色の濃さやアイシャドウを塗る幅などをその日の気分やお洋服などに合わせてコントロールできるからです。

しかし、メイクにはあまり時間をかけられないという方や、アイシャドウのミックスが上手にできない、という方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめはこちらのアイシャドウです。

肌なじみがいい順にご紹介しています。

ルナソルのスキンモデリングアイズ02は、オレンジ寄りのベージュという感じなので、ベージュ系で血色がよくなるアイシャドウとしておすすめです。

あまりオレンジ感を強く出したくない方におすすめです。

優しめのオレンジベージュのアイシャドウなので、肌なじみがいい色合いです。オレンジの色を楽しみたいけど、濃く出すぎるのは抵抗がある方におすすめです。

キャラメルブラウンのオレンジ系アイシャドウなので、こちらも肌なじみがいいアイシャドウです。オレンジ系だけど大人っぽさも出てくれるアイシャドウです。

アラフォー色メイク:オレンジリップはルナソルのシームレスマットリップス04

ルナソル リップ
ルナソル リップ

40代におすすめの、オレンジリップはルナソルのシームレスマットリップス04です。

 今回のメイクで、オレンジの色そのものを一番強調しているのはリップです。つけると今年っぽさが出る、セミマットな感じですがしっかりとうるおいが保たれます。

40代のメイクで、あまりにもうるつや感が強いと違和感を関してしまいます。

かといってマットなリップは老けて見えそうで、今まで使用する勇気が出ませんでした。

今回は、このオレンジの色に一目ぼれしたのでマットな質感が苦手という事にこだわるよりも、この色を楽しみたいという気持ちの方が勝って購入に至りました。

 付けた感じもイメージ通りでかなりテンションが上がりました。

オレンジ系はちょっと苦手という方は、ピンクベージュなどのくすみ系のリップは40代女性の肌にもなじみがよく今年っぽさが出ます。

アラフォー色メイク:おすすめリップはチェンジャー系リップ

私はルナソルのリップを一目みて絶対これだ!!と一目惚れしたので購入していませんが、チェンジャー系リップもおすすめです。チェンジャー系リップとは、質感や色みを変えてくれるリップです。

手持ちの定番リップの上から塗って質感を変えたり、色に変化をつけるリップです。

例えば、

例えば春夏に軽い仕上りにしたい時、手持ちのお気に入りリップにゴールドのキラキラ感をプラスさせ、季節感を楽しむときにおすすめのリップです。

手持ちのお気に入りリップに青みをプラスさせて、深みを出し秋冬感を出すのもおすすめです。

40代のメイクは色と質感を上手に使って馴染ませながら楽しむこと!

今回私のメイクは、オレンジと透明感を目指しました。

色は全体的にオレンジでまとめてみました。一見大丈夫なのか??と思った方もいらっしゃるかと思いますが、目元はベージュを重ねる事で馴染み系にしているのでオレンジという色だけが浮き出てくるような事はありません。

チークはかなり薄付きで血色が出る程度の発色なので、色が全く強調はされていません。どちらかというとハイライトとのコラボで透明感という質感を重視してチョイスしました。

  • アラフォーの色メイクポイント
  • アイシャドウ  オレンジ系
  • アイシャドウ  イエロー系
  • リップ     オレンジ系
    リップ     ピンクベージュ(くすみ系)
    リップ     チェンジャーリップ
  • チーク     なじみ系
  • チーク     クリア感

 これらのポイントを大切にしながら、自分だけのメイクを楽しんでくださいね。