プロフィール

こんにちは、訪問していただきありがとうございます。私のプロフィールになります。是非読んでみてくださいね。

プロフィール

40代美肌作りに【ワセリンメイク落し】おすすめのクレンジング方法!画像あり 

こんにちは、はっちゃん先生こと土山初代と申します。

ワセリンでメイク落し、やってみたことありますか?べたべたしそうなイメージがあったり本当にメイク落とせるの?と思われる方も多いかと思います。

私は基本的に、石鹸オフでメイクを落とします。だからクレンジングはほとんど使用することはありません。

しかし、結婚式のお呼ばれなどいつもより、しっかりメイクをした時や、新しいコスメに変えたりした時に、時々落ちにくい時があります。

目元にマスカラが少し残ってしまったり、目の際にアイメイクがうっすら残っていたりすることがあります。

そんな時に、クレンジング使った方がいいのかな??と思う時もあります。しかし、乾燥肌だし、化粧品負けしやすいのでどれ使用するか迷ってしまいます。

色々調べたり試してみた結果、【ワセリンを使用してメイク落し】をすることになりました。

肌が弱いからこそ強いクレンジングは使いたくない、だけど使わなきゃ取れないし・・・・。クレンジング後のダブル洗顔は乾燥するからしたくない・・・・

40代の肌は乾燥しやすくデリケートです。

そんな方に、今回はワセリンの良さと使い方・使い方によるメリット・デメリットなどをご紹介できればと思います。敏感肌の方にもおすすめのワセリンでのクレンジング方法です。

全体のクレンジングをするのかポイントメイクのメイク落しをしたいのかで、おすすめのワセリンややり方が変わってきます。

どれくらいメイクが落ちるのかの画像もありますので、参考にしていただければと思います。

こんな方にお勧めの内容です。

  • ワセリンでメイク落としが本当にできるのか知りたい方
  • ワセリンでどれくらいのメイクが落ちるのか知りたい
  • お肌に合うクレンジングがない方
  • ポイントメイクで苦労している方
  • 年齢を重ねて皮脂量が少なくなったと感じる方

40代の肌はデリケート!ワセリンクレンジング:ワセリン基本知識

ワセリンクレンジングの前に、ワセリンの基礎知識をご説明いたします。

ワセリンは、原油から作られたものです。原油を高純度にしたもので主に皮膚の保護をする時に使用します。皮膚科でもらう塗り薬などを薄める場合にもワセリンは使用されるくらい非常に安全性の高いものです。

※全ての方にアレルギー反応がないとは言い切れませんのでご注意ください。

ワセリンは、皮膚の潤い機能が低下した時に使用すると、絶大なる力を発揮してくれます。皮膚内部まで浸透するのではなく皮膚の表面の保湿を助けてくれるものです。

そしてワセリンは、肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。使い方としては、スキンケアの一番最後に使用すると肌に入れた栄養分を逃さないという使い方ができます。

私自身もスキンケアの最後の仕上げで使用しています。

私の場合、肌診断をしたときに「肌の表面に皮脂が全くありません」と言われたことがきっかけでした。

普通の方なら、皮脂膜で肌をお互しているから皮膚の中から水分が抜けにくいのですが、私の場合その皮脂膜が全くない状態だったので、しっとりが長持ちしないという結論に至りました。

だから、お気に入りのスキンケアでお手入れをした後は、ワセリンで仕上げるというやり方をするようになりました。

ただし、一つデメリットがあります。ワセリンをつけたまま紫外線に当たると、紫外線がお肌に浸透しやすくなるということです。

どうやらワセリンは、油でできているので紫外線の影響を受けやすうようです。

ワセリンをつけ日焼け止めも塗らずに外に出るということはあまりないと思いますが、よりUVカットをしっかりとしたい方は使用するワセリンもこだわることをお勧めします。

その紫外線の影響を受けにくいワセリンがサンホワイトP1という商品です。また後程ご説明いたします。

ワセリンの種類

  • 黄色ワセリン   ⇒   精製純度が低い
  • 白色ワセリン   ⇒   精製純度が黄いろより高い
  • プロペドワセリン ⇒   精製純度が一番高い

という感じです。一般的に使用されているワセリンは白色ワセリンです。

次にワセリンの使用方法についてご説明いたします。

ワセリンはどんなことに使用できるのかをピックアップしてみました。私が実際たためしたことがあるものばかりです。というか今も常にやっているものです。ワセリンは常に家にある状態です。

ワセリン使用

  • リップクリームの代わり
  • お肌表面の保湿剤
  • くるぶしやひざに硬い角質ができた時
  • ポイントのメイク直し
  • ポイントのメイク落とし
  • 顔全体のクレンジング

ワセリンは、1つ家にあると本当に便利ですよ。

私の中で一番意外な使い方で効果抜群だったのは、くるぶしやひざに硬い角質ができた時に使用してみた事です。

ある日くるぶしに硬くなった角質・黒ずみが、なかなか改善されない事がありました。ちょっとした思い付きで、「家にワセリンがあるから試しに塗ってみよう!」と毎日朝晩ワセリンを塗りガーゼなどでワセリンが取れないようにしていました。

そしたら1週間~10日くらいで硬く黒ずんだ角質がつるつるになり、黒ずみもきれいになくなっていました。

そこから私のワセリンへの信頼度がアップしました!!

変に高価なものや薬を使用するより安全で肌にも悪影響のないワセリンは、しっかりと使用目的や使用方法を考えればめちゃくちゃ使えるものなのでは?と思うようになりました。

40代の肌はデリケート!ワセリンメイク落し:ポイントメイクの場合

私が実際に毎日やっている方法は、石鹸オフで全体のメイクを落とした後に、目の際やマスカラの洗い残しをワセリンで完全に落とすやり方です。

私は基本的にファンデーションを使用していないので、クレンジングしなくてもキレイに落とせる程度のメイクです。しかし目の際やマスカラが残ってしまうことがあります。そこをきれいに100%優しく保湿しながら落としていくやり方です。

40代の肌はデリケート!ワセリンメイク落し:メリット・デメリット

ワセリンのメリット

  • 保湿効果が高いのでクレンジングで乾燥する事がない
  • ウオータープルーフなどの落ちにくいコスメでもしっかり落ちる
  • 敏感肌の方でも気兼ねなく使用できる
  • コスパがいい

なんだかいいことばかりのようですね。しかしデメリットもあります。

ワセリンのデメリット

  • 顔全体のクレンジングをする時にワセリンの種類を間違えるとやりにくいと感じる
  • 顔全体のクレンジングをする時にダブル洗顔が必ず必要
  • メイクではなくワセリンが落ちない

顔全体をクレンジングする時に、やりにくさを感じたり、必ず洗顔をするという手間があります。

顔に優しく保湿もされ乾燥からは肌を守りますが、顔全体のクレンジングの場合は多少手間がかかります。その部分さえクリアすれば、いいことばかりのワセリンクレンジングです。

おすすめ目元クレンジング方法:綿棒とワセリンでポイントメイク落し

クレンジングでさっぱり洗い流した後にワセリンを使用します。ベースはクレンジングで落としているので、気になる所を取り除きます。ワセリンを綿棒につけて細かい部分をきれいに取っていきます

それではメイクした状態からどれくらいしっかりとメイクが取れるのか見てみましょう。

いかがですか?めちゃくちゃしっかりとれていますよね。

1はファンデーション・クリームハイライト・ブラウンアイシャドウ・マスカラをつけた状態です。

2はワセリンをつけて乳化している状態です。

3はふき取った状態です。

かなりきれいに落とせてます。

♥おすすめの目元クレンジング方法:ウオータープルーフも落とせる

上記の写真のようにしっかりとメイクを落としてくれ保湿もできるワセリンは、実はウォータープルーフのマスカラなどもしっかりと落としてくれます。

しかも頑張る必要はありません。 ワセリンを塗ってなじませるだけです。もし細かい部分に残りがあってもワセリンなので再度つけても心配はありません。

ワセリンを肌になじませる時に、摩擦の無いように優しくなじませれば、ワセリンを何度つけても乾燥する事はなく負担はかかりません。

通常のクレンジングだと、落としきれなかったからといって、何度もしてしまうと乾燥が進むばかりです。

私は、クレンジングをして落としきれなかった部分のみワセリンを使用します。綿棒にワセリンを薄くつけて、気になる部分をふき取る感じで使用します。

その後はそのまま化粧水をつけて普段のスキンケアを行います。

ワセリンで顔全体メイク落し:クレンジングおすすめはソフトワセリン

ワセリンで顔全体のクレンジングをする場合は、3点ほど注意点があります。

ワセリンを顔全体に使用する場合の注意点1

顔全体をワセリンでクレンジングする場合は、ソフトワセリンを使用しましょう。普通のワセリンだと、質感が硬いので顔へのなじみがあまりよくありません。

ソフトワセリンだと、柔らかいので肌なじみもいいです。

ソフトワセリンを顔全体につけ、軽く水で馴染ませながらクレンジングすると顔になじませやすく、ダブル洗顔がやりやすくなります。

ワセリンを顔全体に使用する場合の注意点2

メイクが落ちきったら普通は水で流すことが多いと思いますが、ワセリンを顔全体に使用した場合、水では落ちないのでコットンなどで拭き取りが必要になります。

ワセリンを顔全体に使用する場合の注意点3

顔全体のクレンジングをワセリンで行った場合には、洗顔石鹸で洗い流す必要があります。理由は2つです。

ワセリンを洗顔石鹸で洗い流す理由

  1. 皮膚表面の保湿機能が優れているので、化粧水などが入りにくい
  2. べたべたしすぎるから

もしも全体的にクレンジングとしてワセリンを使用する場合は、ワセリンでクレンジングした後、洗顔石鹸で洗い流しをしてからスキンケアをするといいでしょう。

私自身、実際にワセリンクレンジングやっていますが、ダブル洗顔をするようにしています。

1回目の洗顔後は、「ワセリンめっちゃ残ってない??」という感じの仕上がりです。

2回目の洗顔後にやっととれたなという感じです。しかし、洗浄力が優しい洗顔だと残ってる感じがする。

その代わりダブル洗顔後も全くと言っていいほど乾燥はありません。

クレンジングでおすすめするワセリンはベビーワセリンです。私はこちらを使用しています。

柔らかく伸びがいいので使いやすいです。

クレンジングをワセリンでする場合は、水で馴染ませながらすると洗顔の時に残りにくくなります。

 40代の肌はデリケート!ワセリンメイク落し:おすすめワセリン2選

私が実際に使用したものを2選のせておきますね。

メイク落し・保湿におすすめのワセリン:サンホワイトP1

使用した事のある中で一番おすすめの白色ワセリンです。特におすすめなのがサンホワイトP1です。

このサンホワイトP1の一番のおすすめポイントは、紫外線に影響を受けにくいということです。

お肌に塗ったり・リップクリームとして使用した時に、普通の白色ワセリンなら紫外線を通してしまいお肌が紫外線の影響をうけます。 

それと普通ワセリンは酸化したり・紫外線に当たると、黄色くなって変色してしまいます。変色するとワセリンの効果も半減してしまいます。

しかし、このサンホワイトP1はその紫外線の影響を受けにくいのです。UV効果があるわけではないですが、化粧下地としても使用できるほど影響を受けにくい商品です。

メイク落しにおすすめワセリン:健栄製薬の白色ワセリンソフト

次におすすめなのが、健栄製薬の白色ワセリンソフトです。初めてワセリンを使用した時に購入したものです。試しに一度使用してみてよかったら、次はもう少し良いものをと考え使ってみました。

チューブに入っているので、酸化しにくい所がおすすめです。普通の入れ物に入っていると、空気に触れる部分が多くなるので酸化しやすくなってしまいます。

ちなみにくるぶしの硬くなった角質と黒ずみは、この健栄製薬の白色ワセリンソフトを使用して治しました。

ポイントメイク落としに使用するのには、酸化しにくいチューブタイプがおすすめです

ワセリンを使ってクレンジング!自分に合った方法を探そう

私は薬用リップでもかぶれてしまうほど敏感肌です。ワセリンは、余計なものが入っていないのでとても安心して使用できます。

肌にいいものが入っているからと言って自分の肌に合うわけではありません。

ワセリンは余計なものが入ってないので、安心して使えます。肌の保湿や保護にも使用できるワセリンは、一つ持っていると便利ですね。

※ワセリンアレルギーの方もいますので、ご注意ください。